細胞内のタンパク質-モータータンパク質-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モータータンパク質

ATPを使って細胞骨格上を動くタンパク質をモータータンパク質と呼ぶ、モータータンパク質は、運動や物質の輸送に関与する。ミオシン、ダイニン、キネシンの種類がある。

ミオシン

筋肉を構成するモータータンパク質。アクチンフィラメントをたぐり寄せる。

ダイニン

神経細胞では軸索末端から細胞体の方へ物質を輸送する。微小管の上を移動する。また、鞭毛を構成する。

下画像は鞭毛の断面である。微小管にダイニンが結合している。

ダイニン
http://www.res.titech.ac.jp/

キネシン

キネシンは神経細胞において、細胞体から軸索末端へ物質を輸送する。下画像では小胞を結合させて、微小管の上を移動している。

キネシン

 

関連記事

下動画のようなものをいくつかまとめた記事→モータープロテイン画像・動画まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*