電気泳動法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気泳動法

DNAが負(マイナス)に帯電しているのを利用し、電気を流して+側にゲルの中を移動させる方法。小さなDNA断片ほど+側に移動し、大きいDNA断片はゲルに邪魔されて前にあまり進めない。これを利用して、DNAの長さを推定することができる。

DNAが負(-)に帯電している理由

DNAにはリン酸が含まれており(ホスホジエステル結合と呼ぶ)、水溶液中ではH+が電離して、負に帯電している。このリン酸によってDNA全体が負に帯電することとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*