卵割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卵割

卵割とは、卵の初期の体細胞分裂のことである。細胞が成長せずに分裂を続けてどんどん小さくなっていくのが特徴である。また、細胞周期が短く(G1、G2がない)、それぞれの細胞が同じペースで分裂が行われる。

卵の種類

卵には卵黄の分布によって種類がある。図はピンク色が核、黄色が卵黄。

等黄卵

卵黄が少なく、均一に分布している。ウニや哺乳類など。

端黄卵

卵黄が多く、植物極側(卵の下側)に偏っている。両生類など。

端黄卵

卵黄がとても多く、植物極側に偏っている。魚類、爬虫類、鳥類など。

端黄卵
心黄卵

卵黄が卵の中央に分布している。昆虫や甲殻類など。

卵割の様式

等割

卵が均等に卵割する。

等割
不等割

卵が不均等に卵割する。

不等割
盤割

卵のごく一部が卵割する。ニワトリなど。

盤割
表割

卵の表面全体が卵割する。中央には卵黄がある。ショウジョウバエなど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*