ちょっとディープな生物の世界

遺伝子組み換え技術(動物)

レトロウィルスを使った方法

レトロウィルスとはRNA逆転写酵素を持ったウィルスである。HIVウィルスなどが有名である。

逆転写酵素とは?

転写とは、DNAを鋳型としてRNAを合成することを指す。この時に使用されるのは転写酵素(DNAポリメラーゼ)である。一方、レトロウィルスはRNAを鋳型としてDNAを作り出す。この時に使われる酵素を逆転写酵素と呼ぶ。

https://en.wikipedia.org/

レトロウィルスはDNAを宿主に組み込む

レトロウィルスは細胞内に侵入すると、逆転写酵素を使いウィルスRNAからウィルスDNAを作り出す。

ウィルスRNA===(逆転写酵素)===⇒ウィルスDNA

ウィルスDNAは核内に侵入し、宿主DNAに組み込まれる。この際、宿主細胞のDNAを傷つける恐れもある。iPS細胞はこの方法によって作成された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。