芽の成長-頂芽優性-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頂芽優勢

頂芽(その植物の最も高い芽)が成長している最中は、側芽(頂芽ではない芽)の 成長が抑制される。この現象を頂芽優勢と言い、オーキシンサイトカイニンの働きによって引き起こされる。

オーキシンの働き

  1. 頂芽で合成される。
  2. 側芽に移動する。
  3. サイトカイニンの生成を抑制する。

サイトカイニンの働き

  1. 側芽の成長を促進する。
  2. オーキシンがある場合には、生成が抑制される。

オーキシンがある場合は、サイトカイニンの合成が抑制され、頂芽優性が維持される。

頂芽抑制
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*