体細胞分裂観察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

タマネギの根の先にある根端分裂組織を観察し、体細胞分裂をしている細胞を見つける。

細胞分裂

準備

  • 試料:水につけておいたタマネギ
  • 器具:顕微鏡、柄つき針
  • 試薬:酢酸カーミン液、3%塩酸20ml、お湯

実験方法

  1. タマネギの根の先を5mmぐらいに切る。
  2. ビーカーに3%塩酸20mlを加え、タマネギの根を入れ、60℃の湯煎で温める。
  3. タマネギの根をスライドガラスに置き、針の先でよくほぐす。
  4. 酢酸カーミン一滴を垂らし、5~10分経った後にプレパラートを作成し、観察する。

結論

  1. 塩酸は細胞壁同士の結合を破壊し、ほぐれやすくするために用いる。
  2. 植物は体の決まった部位でしか細胞分裂は起こらないため、根端を用いた。運が良ければ染色体が別れている細胞を発見できる。他の分裂組織は茎頂分裂組織と形成層である。

参考 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*