卵を用いた浸透圧の実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

卵殻を取り除いた卵は、卵白・卵黄が膜で包まれているのを確認できる。この膜は、ある物質は通すが、ある物質は通さないという半透膜の性質を持つことを確認する。

卵

準備

  • 試料:鶏の卵2つ
  • 器具:ビーカー等
  • 試薬:20%酢酸、1mol/l ショ糖

実験方法

  1. 20%酢酸が入ったビーカーに卵2つを一日入れ、卵殻を溶かす。
  2. 溶かした後に、表面の水気を拭いて質量を計る。
  3. 1つの卵は水道水に、1つの卵は1mol/l ショ糖水溶液に浸し、1日置いておく。
  4. その後、表面の水気を拭いて質量を量る。

結論

蒸留水(低張液)に浸した卵は、水分を吸収し、質量が増加している。ショ糖水溶液(高張液)に浸した卵は、水分が少なくなり、質量が低下している。これは、濃度の異なる溶液が半透膜を境にした時に、浸透と呼ばれる現象が起きたためである。

半透膜

参考 



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*