ちょっとディープな生物の世界

[論述]チューブリン二量体と微小管伸長

問題

微小管を形成することができる環境において、チューブリン二量体の濃度を徐々に上げていくと、チューブリン二量体の量はある所で頭打ちになる。 そのままチューブリン二量体を加え続けていくと、微小管のタンパク質質量はチューブリン二量体を加えた分だけ増加する。チューブリン二量体と微小管の関係を説明せよ。

チューブリン二量体

解答例

チューブリン二量体の濃度が高まってある一定の値を超えると、その超えた分が繊維として重合し、微小管へとなる。そのため、チューブリン二量体の量はある値以上にはならずに頭打ちになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。