ラウンケルの生活形の観察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

植物などは環境や生活の仕方に最適な形へと進化している。環境や生活の様子を示す植物の形態を「生活形」と呼ぶ。ラウンケルによる生活形の分類(地上植物、地表植物、半地中植物、地中植物、水生植物、一年生植物)を観察する。

ラウンケルによる生活形

準備

シャベルなど

実験方法

それぞれの植物の休眠芽を観察する。休眠芽は冬期でなければ観察できない。

休眠芽とは植物で,いったん形成されたのちに生長を止めて休眠している状態の芽をいう。
https://kotobank.jp/

地上植物:ふつうの高木・低木
地表植物:シロツメグサ
シロツメグサ
半地中植物:タンポポ
地中植物:ユリ
ユリ
水生植物:カキツバタ
カキツバタ
一年生植物:アサガオ
アサガオ

結論

植物はそれぞれの環境に適した生活形をしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*