ちょっとディープな生物の世界

酸化還元酵素の種類

酸化還元酵素

酸化還元反応を起こす酵素である。主に呼吸に関する。Hやe-を失うことを酸化と呼び、補酵素(NAD+、NADP+、FADなど)がその受取手として反応に関わることが多い。

酸化還元酵素

シトクロムオキシダーゼ

シトクロムとは酸化還元機能を有するヘム鉄を含有するヘムタンパク質の一種である。呼吸の電子伝達系はシトクロムオキシダーゼ内に含まれているシトクロムに電子が次々に渡されている(Ⅰ~Ⅳはシトクロムオキシダーゼ)。シトクロムオキシダーゼは還元型シトクロム酸化型シトクロムへとする。

電子伝達系

コハク酸脱水素酵素(コハク酸デヒドロゲナーゼ)

コハク酸から水素を引き抜きフマル酸にする。

コハク酸脱水素酵素

カタラーゼ

過酸化水素酸素に分解する。

カタラーゼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。