転移酵素の種類

転移酵素

転移反応とは、、原子団が骨格に変化を与えずに結合位置を変える化学反応のことを指す。転移酵素とは一方の物質から他方の物質へと原子団(転移基)を移動させる酵素である。下画像は転移反応の例である。

転移反応

アミノ基転移酵素(トランスアミナーゼ)

アミノ酸のアミノ基を有機酸に移動させて別のアミノ酸を作り出す。下の画像では、グルタミン酸のアミノ基がピルビン酸に渡され、ピルビン酸はアラニンに変化している。

トランスアミナーゼ

ホスホリラーゼ

デンプンからグルコースを端から1つずつ切り離していく。リン酸を加えることによって分解するため、加リン酸分解と呼ぶ。

ホスホリラーゼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。