癌による外科手術のために顔面の中心部を失ってしまい穴が開いたままの男性の映像

癌の除去のために顔面の一部(鼻、上唇および口蓋)を失った男性の映像です。手術後、外科医は彼が普通の顔をしているように見せるための器具を作成しましたが、感染症発症のために器具の使用はできなくなりました。解決方法が見つかるまでは、穴が開いた状態で過ごすそうです。

この動画は2013年のものですが、最近では超リアルな補正パーツが作成されているようです。

顔の一部分を失った人々のために芸術家が作成する補正パーツの再現度が高すぎる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。