ちょっとディープな生物の世界

カンガルーってなんだっけ?樹上でも生活できる「キノボリカンガルー」

キノボリカンガルーとは?

キノボリカンガルーとは哺乳類カンガルー科の属に分類される生物です。カンガルーでありながら木登りをするという特異な習性を持っています。

https://en.wikipedia.org/

カンガルーには約55種がいますが、その中で樹上生活できるのは僅か9種ほどです。大多数は陸上で生活しています。

キノボリカンガルーは樹上生活だけではなく、陸上生活も行います。敵が近づくと木から木へ飛び移り、木から地上へ飛び降りたりなど攪乱します。18mの高さから飛んでも平気です。

キノボリカンガルーの中には樹上で寝るものもいれば、地上で寝るものもいます。上手く樹上と地上を使い分けているのですね。

ぬいぐるみのようなかわいさです。

こちらのキノボリカンガルーはカンガルーっぽさを残していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。