ちょっとディープな生物の世界

ヤゴは尻の穴から水を吸い込んで直腸にあるエラで呼吸する

万能のお尻の穴

photo by youtube

ヤゴはトンボ目またはトンボ亜目の昆虫の幼虫のことを指します。ヤゴは水中で生活し、変態してトンボとなります。

ヤゴは尻から水を吸い込んで呼吸をしています。ヤゴの直腸には小さなウチワのようなエラがたくさんあり、そこに水が通るとエラの中の二酸化炭素が水中に放出され、代わりに酸素がエラに吸収されます。もちろんウンコもお尻の穴から出ます。

また、ピンチの時になるとヤゴは尻から大量の水を噴射して勢いよく移動し逃げます。ヤゴにとって尻の穴は生命線となっているようです。

お尻の穴から本当に水が出入りしていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。