ちょっとディープな生物の世界

原生生物は有性生殖?無性生殖?‐ゾウリムシの接合‐

有性生殖をおこなうものも存在するが特殊

原生生物には無性生殖を行うものが多いのですが、中には有性生殖を行うものもいます。

ゾウリムシには核が2つあり、大きいものを大核、小さなものを小核と呼びます。ゾウリムシが接合する際には、大核は消滅し、小核が減数分裂を行い4つに分かれます。この4つのうち2つは消滅し、1つが相手に渡され、相手の核と融合し、新しい小核となります。この小核を元に大核が形成されます。

ゾウリムシの生殖では、いわゆる精子と卵のような細胞同士の融合はありませんが、減数分裂した核との融合があるため、有性生殖とみなされます。

ゾウリムシは接合しなくても無性生殖で分裂することもできますが、無性生殖では分裂の回数には限界があり、ある程度までいくと分裂できなくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です