ちょっとディープな生物の世界

腹を膨らませてお尻に巨大な顔をつくるヤツ「クイアバ・ドワーフ・フロッグ」

クイアバ・ドワーフ・フロッグとは?

クイアバ・ドワーフ・フロッグ(Physalaemus nattereri) はカエル目ユビナガガエル科に分類されるカエルです。ブラジル中部および南東部、ボリビア東部、パラグアイに生息しています。

photo by wikipedia

クイアバ・ドワーフ・フロッグの背中には「偽眼」が2つあります。危険を感じるとお尻を持ち上げて腹を膨らませ、「偽眼」を見せつけるようにして巨大な顔を作ります。

photo by wikipedia
photo by fatfrogsblog
photo by springer

捕食者がひるまなかった場合には、カエルは偽眼の下にある腺から毒を分泌して攻撃します。この毒は強力でカエル1匹でネズミ150匹を殺すことができます。体長3~4cmほどの小さなカエルですが、この生存戦略で個体数は安定しているのだそう。

photo by calphotos

めっちゃ鳴いてますわ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。