ちょっとディープな生物の世界

雪の中でダイレクトに冬眠する動物「ニホンヤマネ」

ニホンヤマネとは?

ニホンヤマネは哺乳綱齧歯目ヤマネ科ヤマネ属に分類される生物で、日本の固有種です。

https://ja.wikipedia.org/

ニホンヤマネは森林に住み、夜行性で樹上生活を送っています。冬になると冬眠するのですが、中には雪の中で冬眠してしまう個体もいます(樹洞などで寝るものもいます)。

冬眠している時は全身を丸めてボールのようになり、外気温にあわせて低体温を維持(0℃以下に下がることはない)し、呼吸数や心拍数も低下させ仮死状態となります。

また、ニホンヤマネは外気温がマイナス7℃以下になると、目覚めて活動を始めます。マイナス7℃以下では寒すぎて死んでしまうので、起きて体温を上げるんだそうですよ。

本当に雪の中で寝ていますわ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。