ちょっとディープな生物の世界

雷が巨木に落ちた瞬間を偶然にも撮影できた貴重な映像

恐ろしい威力です。松の樹皮や枝が一瞬で吹っ飛んでいます。

雷は雲の中で粒子(ひょうやあられ)が上昇気流によってこすれ合い、電気が蓄電され、それが一気に地上に放電される現象です。言ってしまえば、セーターなどを擦った(電気の偏りが生じる)後に金属に触れるとビリっと電流が流れる原理と同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。