ちょっとディープな生物の世界

【動画】なんだこれ!?ヒグラシについているモフモフ「セミヤドリガ」

セミヤドリガとは?

セミヤドリガはチョウ目・セミヤドリガ科に分類されるガの一種です。セミヤドリガはヒグラシに寄生します。

セミヤドリガの幼虫は多い時には8匹ほどがヒグラシの成虫に寄生します。かなりの大きさになるのですが、ヒグラシは特に気にしていないようです。セミヤドリガの幼虫はヒグラシの体液を吸いながら成長し、5齢幼虫までヒグラシの背中で暮らします。

5齢幼虫になると、糸を使ってセミから降り、適当なところを見つけて蛹化して成虫となります。成虫の殆どはメスで、どうやって生殖しているかも詳しいことはわかっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。