なぜトビハゼは陸上で長時間生活できるの?

皮膚呼吸ができ、アンモニアをアミノ酸に変換できるため

トビハゼは水陸両用魚であり、長時間陸上で活動できます。トビハゼは皮膚呼吸が発達しており、水の外であっても呼吸することが可能です。

さらに、普通の水生の魚はアンモニアを鰓から排出しており、水から出るとアンモニアが体内に蓄積し脳障害を起こします。しかし、トビハゼはアンモニアをアミノ酸に変換することができます。そのため、長時間の水の外での活動でも耐えることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。