エピジェネクス

エプジェネクスとは?

DNAの塩基配列は変化しないが、細胞分裂後も継承される遺伝子発現あるいは細胞表現型の変化を研究する学問をエピジェネクスと呼ぶ。遺伝子発見初期の頃は、遺伝子がその個体の全てを決めるかのような妄想が蔓延っていた。しかし、現在では遺伝的要因と、環境要因によって遺伝子の発現仕方に違いがでることが確認されている。

エピジェネクス
http://knowingneurons.com/

エピジェネクスの具体例

例えば、クローンマウスを作成し、片方の個体のみ尾の遺伝子部分をメチル化する処置を施し、転写を抑制したとしよう。すると、どちらも同じゲノムを持つが、尾の長さが異なる個体となるわけである。

クローンマウス

https://ja.wikipedia.org/

上記のような人工的な例だけでなく、一卵性双生児もゲノム的には全く同じであるが、多少の差異が確認できる。これもエピジェネクスの1つである。

一卵性双生児

http://karapaia.com/

分化とエピジェネクス

また、個体レベルにおいても、受精卵から様々な細胞へと分化していく様もエピジェネクスと捉えられる。初期胚において起こったクロマチン修飾による凝縮は、細胞分裂を経ても継承されることがわかっている。

リプログラミング

一旦、分化した細胞をリセットすること(メチル化などを消去すること)をリプログラミングと呼ぶ。iPS細胞は、体細胞がリプログラミングされた細胞である。

iPS
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/

1 Comment

コンタニ ソトヨシ

遺伝子情報異常とは元々遺伝子情報の誤りが生じそれがそのまま受け継がれることによるが交配によってそれが強く出るか又は弱く成って殆ど現れない事もある、
この異常を元の戻すには正常遺伝子情報を強く活性させた情報を外部から注入させる方法でありゲノム其の物の異常部分ヲシイケンスでみきわめ遺伝子情報の異常部分を最初から見極めた螺旋状部分の非電化を行い螺旋状部分を緩やかにしてから正規の情報を埋め込む方法で遺伝子情報を除去する方法です、但しタ-ゲットとなる異常部分を最初から察知していないと不可能であり正規の遺伝子情報を埋め込むタイミングなども重要となる。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。