交通事故委員会(TAC)が考えた車の交通事故に耐えうる人間「Graham」がいろいろ狂っている

脳を守るために頭蓋骨がヘルメット化していたり、エアバッグのような胸を持っています。人間が自動車事故にどれほど影響を受けやすいかを示し、道路の安全性を改善する必要性を強調することを目的としているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。