ちょっとディープな生物の世界

魚なのに水を嫌がるという魚類で一番トガっているヤツ「タマカエルウオ」

タマカエルウオとは?

タマカエルウオ(Alticus montanoi)はスズキ目イソギンポ科タマカエルウオ属に分類される魚です。インド洋から太平洋の岩場に生息しています。

タマカエルウオは魚ですが、水の中に入ることは殆どありません。水しぶきがかかると嫌がるかのように岩の上をピョンピョン跳ねてどこかへ行ってしまいます。

タマカエルウオは鰓呼吸だけでなく皮膚呼吸もできるので、水の中に入る必要性はありません。しかし、皮膚が絶えず濡れていないといけないので水場を離れることはできません。

photo by youtube

タマカエルウオは水場近くに生えるコケを食べており、水から上がることによって競争相手のいないエサを獲得することができました。魚類から両生類への進化もこんな感じだったのかもしれませんね。

魚なのに水は嫌い…尖ってるね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。