DNAの塩基配列の解析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DNAの塩基配列の解析

次の手順で行われる。

  1. 目的のDNAをPCR法で増幅させる。
  2. PCRの際に、普通のヌクレオチド(A、T、G、C)の他に、DNAの伸長を止める特殊なヌクレオチド(蛍光標識しておいたA、T、G、C)を入れておき、様々な長さのDNA断片も合成する。
  3. 合成されたヌクレオチドを1本鎖にして、シークエンサー(DNA断片を長さごとに分ける機械)にかける。分けられたDNA断片の蛍光標識したヌクレオチドを判別していくと、DNAの塩基配列が解析できる。
DNAシークエンス
蛍光標識がついたヌクレオチドが結合するとDNA複製がストップする。http://www.mawiz.co/?p=3624

DNAシークエンス2
A、T、G、Cの蛍光色を判別するhttp://www.mun.ca/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 生物くん より:

    失礼します。
    1、目的のDNAをPRC法で増幅させる。
    とありますが、PCR法ではないでしょうか。ご確認お願いします。

  2. 管理人 より:

    >生物さん
    ご指摘ありがとうございます;w;ご指摘の通り「PCR」です。訂正いたしました。
    また何かありましたら、コメントいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

*