カエルの発生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受精卵から尾芽胚まで

カエルの発生は次の過程を経る。原腸胚からはウニよりも複雑な過程を辿る。

  1. 受精卵から4細胞期までは等割を行う。
  2. 8細胞期からは不等割を行う。
  3. 胞胚腔はウニとは異なり、動物局側にできる。
  4. 原腸胚初期には原腸が胞胚腔内に貫入し、原口が形成される。この時、内胚葉、中胚葉、外胚葉が分かれる。
  5. 原口は最終的に内胚葉によって埋められ、卵黄栓となる。
  6. 神経胚には、外胚葉から神経板が、中胚葉から脊索・側板が、内胚葉には腸管ができる。
  7. 神経胚が進むと、側板は体節・腎節・側板に分化する。
  8. 外胚葉からは神経堤細胞が移動し、末梢神経神経膠細胞(グリア細胞)が形成される。
  9. 尾芽胚になると、が発達する。また、肛門ができる。

原腸陥入

カエルの発生で最も理解しにくいのは原腸陥入ではないだろうか。ウニでは胞胚腔が残る形で原腸が形成されるが、カエルでは原腸が胞胚腔を埋め尽くす。

カエル
胞胚腔が原腸によって追いやられているのがわかる。https://embryology.med.unsw.edu.au/embryology/index.php/Book_-_The_Frog_Its_Reproduction_and_Development_7

胚葉の分化

まとめると、外胚葉、中胚葉、内胚葉は次のように文化する。

外胚葉

  • 表皮:皮膚、水晶体、角膜、嗅上皮、内耳
  • 神経管:脳、脊髄、網膜

中胚葉

  • 体節:骨格、骨格筋、皮膚の真皮
  • 腎節:腎臓、輸尿管
  • 側板:心臓、血管、平滑筋、腸間膜、結合組織

内胚葉

  • 腸管:胃、腸、肝臓、膵臓、中耳、肺、気管、えら、膀胱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*