植物ホルモンの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

植物ホルモンの種類

植物の成長において、様々なホルモンが関与しており、それらを植物ホルモンと呼ぶ。植物ホルモンは成長過程において使われる種類が異なる。

http://www.biologyexams4u.com/

種子の休眠・発芽

  1. ジベレリン:発芽促進
  2. アブシシン酸:休眠促進(発芽抑制)
発芽

茎と根の成長

  1. オーキシン:成長促進
  2. ジベレリン:伸長成長促進
  3. ブラシノステロイド:伸長成長促進
  4. エチレン:肥大成長促進(伸長成長抑制)
茎

茎の成長

  1. オーキシン:頂芽優性(側芽の成長抑制)
  2. サイトカイニン:側芽の成長促進
茎

果実の成長と成熟

  1. オーキシン:果実肥大促進
  2. ジベレリン:果実形成促進
  3. エチレン:果実成熟促進
果実

落葉・落果

  1. オーキシン:落葉・落果抑制
  2. エチレン:落葉・落果促進
落葉

花芽形成

  1. フロリゲン(花成ホルモン)

ストレス応答

  1. アブシシン酸:低温、乾燥、高濃度の塩などに対する抵抗性獲得
  2. ジャスモン酸:昆虫の食害に対する抵抗性獲得

musikui

植物ホルモンまとめ

植物ホルモン名 働き その他
オーキシン(インドール酢酸、ナフタレン酢酸、2,4-D)
  • 細胞の成長促進
  • 発根(不定根)促進
  • 落葉・落果の抑制
  • 頂芽優性(側芽成長抑制)
  • 茎先端部で合成され、伸長域に移動して作用する(極性移動)。
  • 濃度によっては成長を抑制する。
ジベレリン
  • 細胞の伸長成長促進
  • 種子発芽の促進
  • 果実の形成
  •  イネの馬鹿苗病から発見された。
  • 種なしブドウに利用。
  • 光発芽種子では、光照射と同じ効果を示し、発芽させることができる。
 サイトカイニン
  •  細胞分裂促進
  • 植物の老化遅らせる
  • 側芽を成長させる
  • 気孔を開く
  •  オーキシンと共同で働くことが多い。
  • 主に根で合成され、全組織に分布する。
 アブシシン酸
  •  種子の休眠(発芽抑制)
  • 気孔を閉じさせる
  • 根の伸長抑制
  • 環境ストレス耐性獲得
  •  ジベレリンと対抗的に働く。
  • サイトカイニンと対抗的に働く。
 エチレン
  •  果実の成熟
  • 落葉・落果促進
  • 肥大成長促進
  • 伸長成長抑制
  •  植物ホルモンで唯一気体のホルモンである。
 フロリゲン(花成ホルモン)
  •  茎頂分裂組織を花芽に分化
 ジャスモン酸
  •  昆虫の食害拡大防止
 ブラシノステロイド
  •  細胞の伸長成長促進
  • 落葉・落果の抑制
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*