オーキシンの研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダーウィンの研究

進化論で有名なダーウィンの研究。不透明なキャップを幼葉鞘に被せると、光屈性は見られなかった。一方、葉鞘の先端部に光があたると、先端部より下で茎が屈折することを発見した。

darwintip
ダーウィンの研究(上段)http://plantphys.info/

ボイセン・イェンセンの研究

茎の先端部より下の所に雲母片(石)を差し込み、先端部で作られた物質がどこを移動するのか実験した。茎の先端部で作られた物質は、光の当たらない側を通ることを発見した。

darwintip
ボイセン・イェンセンの研究(下段)http://plantphys.info/

ウェントの研究

茎の先端部を寒天にのせ、先端部で生成された物質を寒天に移動させ、その寒天を茎の切断面に置いてどのように屈曲するかを実験した。結果、 寒天を置いた切断面とは反対の方向に屈曲することを発見した。また、茎の先端部をたくさん置いた寒天ほど、大きく屈曲した。

paaltip
ウェントの研究http://plantphys.info/

ケーグルの研究

ヒトの尿から植物の成長を促進する物質を分離し、オーキシンと名づけた。天然のオーキシンの化学物質名はインドール酢酸であること を発見した。

3-インドール酢酸

人工のオーキシン

その後、人工的に合成され、インドール酢酸に類似の働きを持つ物質としてナフタレン酢酸(NAA)2,4-D(2,4-ジクロロフェノキシ酢酸)などがある。2,4-Dは双子葉類の成長を低濃度で阻害するが、イネ科植物の成長は高濃度になるまで阻害しない。この性質を利用して、稲作で除草剤として用いられている。

2,4-Dhttp://www.wikiwand.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*