ブタの腎臓の観察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

ブタの腎臓を解剖し、輸尿管、動脈、静脈、腎う、皮質、髄質を確認する。

準備

  • 試料:ブタの腎臓(食肉店で100円ほどで販売されている)
  • 器具:解剖ばさみ(100均のキッチンばさみでも可能)
  • 試薬:墨

実験方法

  1. ブタの腎臓を2つに割り、腎う、皮質、髄質を確認する。
  2. 輸尿管が通っているかを確認するため、棒などで貫通させる。
  3. 動脈に墨を流し込むと、腎臓皮質が黒く染まる。
  4. 皮質を薄く切り、プレパラートを作成し観察すると、糸球体を見ることができる。

結論

動脈は皮質に毛細管として繋がっており、網目状に拡がっていることが確認できる。また、腎うは輸尿管に繋がっていることが確認できる。

腎臓

参考 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*