CoA(コエンザイムA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CoA(コエンザイムA)

CoAコエンザイムAの正式名称を持つ補酵素である。 補酵素とは酵素の活性を発現させる非タンパク質性の低分子有機化合物である。CoAが結合する物質には様々な種類がある。

CoA
緑色の部分がCoAhttps://commons.wikimedia.org/

アセチルCoA

CoAにアセチル基(CH3COO)が結合した物質をアセチルCoAと呼ぶ。生体内ではアセチルCoAが様々な経路で合成される。アセチルCoAは酢酸にCoAが結合した物質であり、クエン酸回路オキサロ酢酸と一部が結合し、クエン酸となる。消費されない過剰のアセチルCoAは脂肪酸合成の材料となり、最終的に中性脂肪となる。

 アセチルCoA
https://commons.wikimedia.org/

クエン酸回路でのアセチルCoA

アセチルCoAはオキサロ酢酸と反応し、アセチル基のみがクエン酸回路に組み込まれる。CoAは補酵素であるため、酵素の活性を発現するためにサポートするだけで、クエン酸回路には組み込まれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*