補助因子-補欠分子族-

FAD、FMN

ビタミンBから作られる補欠分子族である。脱水素酵素の補助因子として用いられる。下画像のリボフラビンとはビタミンBのこと。

FAD FMN

水素の受取手として働く。

ビオチン

脱炭酸酵素の補助因子として用いられる。糖代謝の際に基質から二酸化炭素を外したり、結合させたりする働きを持つ。

ビオチン

下画像はピルビン酸カルボキシラーゼの反応である。CO2は一旦、ビオチンに結合した後に、ピルビン酸に結合し、オキサロ酢酸となる。

ビオチン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。