ちょっとディープな生物の世界

【動画】植物を変化させて巨大な虫こぶを作らせるモンゼンイスアブラムシ

モンゼンイスアブラムシとは?

モンゼンイスアブラムシは日本に生息する体長0.5mmほどの小さな虫です。植物に虫こぶを形成させる虫は何種類か存在しますが、モンゼンイスアブラムシの虫こぶは10cmにも達し、最大級の虫こぶを形成します。

モンゼンイスアブラムシはイスノキという木の内部に入り、植物を虫こぶに変形させる化合物を出します。できたばかりの虫こぶは柔らかく、敵に襲われて破損することもあります。しかし、虫こぶ内にいるモンゼンイスアブラムシの一部の「兵隊アブラムシ」が自分たちの体液で穴を覆って塞いでしまいます。兵隊アブラムシにとっては危険な「自己犠牲的な虫こぶ修復」です。

モンゼンイスアブラムシは虫こぶから木の樹液を吸って育ち、大人になったモンゼンイスアブラムシは飛び立っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。