【生物語句】植物の環境応答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「植物の環境応答」について

植物の一生は想像しやすい。発芽して、成長して、果実を形成・成熟、そして落葉する。神経系を持たない多細胞である植物は、これらの一連のことを植物ホルモンを用いて制御している。

動物ホルモンとは多少その性質が異なるため、混乱を招きやすい。植物のホルモンは以下の点で動物ホルモンとは異なっている。

  • 動物のように特定のホルモンを生産・分泌する器官(腺)がなく,大体若い組織において生産される。
  • 複数のホルモンが同じ場所において合成される。
  • 同じ構造を持つホルモンが植物界全般に亘り,種を超えて分布し,かつ機能している。
  • 同一のホルモンが,全く異なった多様な生理作用を持つ。
  • 過剰に生産されたホルモンは,糖などと結合した不活性な貯蔵型として存在する。

朝日新聞社発行「植物の世界」http://www2u.biglobe.ne.jp/

「ホルモン」という名は一緒であるが、植物ホルモンと動物ホルモンは区別して理解した方が良いだろう。

植物ホルモンの作用は、場所や時期によって異なるため覚えづらいが、一旦覚えてしまえばこの単元の殆どを理解できる。

植物ホルモン

光受容体

種子の発芽

成長運動と膨圧運動

極性移動

  • 極性移動
  • オーキシン輸送タンパク質

頂芽優勢

  • 頂芽優勢

器官文化

  • 脱分化
  • カルス
  • 不定根
  • 不定茎
  • プロトプラスト
  • 分化全能性

花芽形成

  • 長日植物
  • 短日植物
  • 中性植物
  • 光修正
  • 限界暗期
  • 長日処理
  • 短日処理
  • フロリゲン(花成ホルモン)
  • FT
  • 春化

果実形成

  • 果実形成(ジベレリン、オーキシン)
  • 果実の成熟(エチレン)
  • 細胞壁分解酵素
  • 種なしブドウ
  • ジベレリン処理

葉の老化

  • 葉の老化
  • 葉の老化(アブシシン酸、エチレン、サイトカイニン)
  • 離層
  • 離層形成(エチレン、オーキシン)
  • 落葉(エチレン)

ストレス応答

  • ストレス応答(アブシシン酸、ジャス門さん)
  • 過敏感反応
  • リグニン

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*