免疫と医療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予防接種

無毒化した細菌・ウィルスや、弱毒化した病原体や毒素を体内に注入することを予防接種と呼ぶ。無毒化・弱毒化した抗原はワクチンと呼ばれ、これを元に免疫記憶細胞を形成させ、2次応答によって感染を防いでいる。日本では予防接種法により、無料で接種することができる(インフルエンザ等の任意接種を除く)。

予防接種

http://idsc.nih.go.jp/

予防接種の種類

インフルエンザウィルスや、日本脳炎はしか結核などが予防接種として有名である。インフルエンザは自身の表面のタンパク質(抗原)を変化させるので、毎年予防接種をしなければならない。また、鳥のみに感染していたインフルエンザが変異を起こし、人間に感染するようにもなり猛威をふるっている。

インフルエンザウィルス

ウィルスの表面には2種類の突起(タンパク質)がある。インフルエンザはこのタンパク質に突然変異が起こりやすく、毎年微妙に構造が変化するため、毎年予防接種を受けなければならない。

インフルエンザ

https://www.researchgate.net/

はしか(麻疹ウイルス)

麻疹ウイルスによる急性熱性発疹性のウイルス感染症をはしか(麻疹)と呼ぶ。高熱と全身の発疹が特徴的であり、脳炎との合併症状を引き起こすこともある。

はしか

http://www.miyake-naika.or.jp/

日本脳炎ウィルス

日本脳炎は、日本脳炎ウィルスに感染した豚の血液を蚊を介して、日本脳炎ウィルスが人体に侵入することによって感染する。20%が死亡、50%が後遺症が残るなど、重大な病気である。

日本脳炎

http://kodomonohokenn.seesaa.net/

結核菌

日本では主に肺結核が8割を占める。結核菌が胚の内部で増えて、様々な炎症が起こり、胚か破壊されていき、呼吸する力が低下し、呼吸困難に陥って死亡することもある。

結核

http://aspergillusblog.blogspot.jp/

血清療法

抗原をウマなどの動物に注射して抗体を産生させ、血清を患者に接種して病原菌などを取り除く治療法を血清療法と呼ぶ。血清とは血液の血球や凝固因子などを取り除いたもので、免疫グロブリン(抗体)などのみが含まれている。蛇の毒や、破傷風ジフテリアの治療方法である。

血清療法

http://challengers.terumo.co.jp/

破傷風の血清療法を確立したのは北里柴三郎である。

破傷風

土壌中に棲息する破傷風菌 が、傷口から体内に侵入することで感染を起こす。破傷風菌は芽胞として自然界の土壌中に遍く常在しており、多くは自分で気づかない程度の小さな切り傷から感染している。ワクチンによる抗体レベルが十分でない限り、誰もが感染し、発症する可能性はある。

破傷風菌

http://www.gettyimages.co.jp/

破傷風菌は神経毒を分泌し、脳や脊髄の運動抑制ニューロンに作用し、筋肉麻痺、強直性痙攣を引き起こす。あまりに強い痙攣なため、最悪の場合、激烈な全身性の痙攣発作や、脊椎骨折などを伴いながら死に至る。

破傷風

http://impformation.org/

ジフテリア

ジフテリア菌感染によって発症する上気道の粘膜感染症である。喉の痛み、犬がほえるような咳、筋力低下、激しい嘔吐などが起こり、気道が腫れ上がって、窒息死することもある。

ジフテリア

http://www.medical-enc.ru/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*