細胞内のタンパク質-神経細胞-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神経系のタンパク質

電位依存性チャネル

ニューロンの細胞膜には電位依存性チャネルが存在する。膜電位が変化すると、構造を変化させてNa+などを細胞内に流入させる。

伝達物質依存性チャネル

ニューロンの軸索末端にあるシナプスに興奮が伝わると、シナプスからは神経伝達物質が放出される。神経伝達物質は、隣接する細胞の伝達物質依存性チャネルに結合し、興奮を引き起こす。

内分泌とタンパク質

インスリンなどはタンパク質からできてるホルモンである。ペプチドで構成されているホルモンをペプチドホルモンと呼ぶ。ペプチドホルモンは親水性であるため、細胞膜を透過できない。そのため、細胞膜の受容体タンパク質と結合する。

セカンドメッセンジャー

ペプチドホルモンが受容体タンパク質に結合すると構造が変化し、Gタンパク質などを通じて、cAMP合成酵素が活性化する。cAMPはATPから作られる物質であり、標的タンパク質に結合して様々な反応を起こさせる。細胞外の情報を間接的に細胞内に伝えることから、cAMPやカルシウムイオンなどはセカンドメッセンジャーと呼ばれている。

Gタンパク質
細胞内シグナル伝達関与するタンパク質で、GTP加水分解活性を保つためにGタンパク質とよばれる構造により、3量体Gタンパク質と低分子量Gタンパク質存在し、いずれも細胞内における信号伝達中心的機能を果たす。
細胞内の生化学的反応を切り替える「スイッチ」としてグアノシン三リン酸 (GTP)をグアノシン二リン酸 (GDP)へ替える
http://www.weblio.jp/content/G%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA

セカンドメッセンジャー
ステロイドホルモン

脂質でできたホルモンは、ステロイドホルモンと呼ばれる。ペプチドホルモンとは異なり、細胞膜を透過し、受容体タンパク質に結合する。受容体タンパク質は、DNAに結合して遺伝子発現を調節する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*