染色体地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

染色体地図

距離が遠い遺伝子ほど組換え価が高く、距離が近い遺伝子ほど組み換え価が低いという性質を利用して遺伝子の位置を調べた。モーガン「組換え価は遺伝子の距離の比例する」という考えが前提となっている。下図では染色体のどの位置にどの遺伝子があるかを示してある。遺伝子の名前は発見者が適当につける。

三点交雑

調べ方は次の通りである。

  1. 3つの形質の遺伝子(A、B、C)に着目する。A、B、Cは同一染色体上にある遺伝子である。
  2. 純系の個体(ABC/ABC)に劣性ホモの個体(abc/abc)を交配させ、ABC/abcの個体を作成する。
  3. さらに劣性ホモの個体を掛け合わせる。
  4. すると、様々な遺伝子型の個体が出現する。AとB、AとC、BとCの組換え価をそれぞれ求め、地図上に表すと染色体地図が完成する。

例題

例題
http://topicmaps.u-gakugei.ac.jp/

例題として上の図で考えてみよう。ある個体のヘテロ(AaBbCc※並び方は不明)に劣性ホモ(abc/abc)を掛け合わせた結果が図である。

Pの遺伝子型を探る

一番個体数が多いのは、[ABC]と[abc]である。一番個体数が多いのが組換えが起こっていない配偶子である。遺伝子型の半分は劣性ホモのabcが入るので、[ABC]はABC/abcと考えることができる。よって劣性ホモと交雑した個体はABC/abcである。ただしA、B、Cの並び方はわからない(ACBかもしれないし、CABかもしれない)。

AとBの組換え価を求める

組換え価は一組ずつ求めていくこと。AB、abが組換えが起こっていない配偶子である。それ以外(Ab、aB)は組換えが起こっている。

  • Abの個体数:11
  • aBの個体数:9

よって、組換え価は(11+9)÷(全体の配偶子数852)×100=2.3%

BとCの組換え価を求める。

BC、bcが組換えが起こっていない配偶子である。それ以外(Bc、bC)は組換えが起こっている。

  • Bcの個体数:38
  • bCの個体数:46

よって組換え価は(38+46)÷(全体の配偶子数852)=10%

AとCの組換え価を求める

AC、acが組換えかが起こっていない配偶子、それ以外(Ac、aC)は組換えが起こっている。

  • Acの個体数:38+11=49
  • aCの個体数:46+9=55

よって組換え価は(49+55)÷(全体の配偶子数852)=12%

染色体地図を描く

上の問題の解答欄は間違っていることが判明した。AとBが一番離れており、CはAとBの中間にある。染色体地図は下のようになる。

三点交雑

おすすめ練習問題本

遺伝問題を完璧にしたい方は次の本をお勧めします。他のDoシリーズ同様に非常に丁寧な解説と、重要点に絞った問題が用意されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. より:

    このサイトにはいつもお世話になってます。
    管理人さんありがとうございます!
    AB間の組換え価は23%ではなく2.3%ではないでしょうか。よって地図も
    A—2%—B—10%—C
     ———12%———
    ご確認よろしくお願いします。

  2. 管理人 より:

    >あさん
    大変ありがとうございます;w;ご指摘の通りです。訂正いたしました。
    今後ともどうぞよろしくお願いします・w・

  3. kg-fu より:

    上記のような計算を絡めた例題は非常にありがたいです。

  4. 管理人 より:

    >kg-fuさん
    コメントいただき大変ありがとうございます。
    まだまだ改善して行きたく思います!
    これからもどうぞよろしくお願いします・w・

コメントを残す

*