伴性遺伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伴性遺伝

性染色体のどちらかにのみ遺伝子が存在する場合、性の区別と関連を持って遺伝が起こる。そのような遺伝を伴性遺伝と呼ぶ。普通、遺伝子型は性染色体の右上に記載する。

伴性遺伝

性染色体

ヒトの場合ならば23番目の染色体には、X染色体かY染色体の2種類がある。XXならば女性になり、XYならば男性になる。このように性決定に関係する染色体を性染色体と呼ぶ。

性染色体

様々な伴性遺伝

血友病

X染色体上には血液凝固因子遺伝子Aが存在する。また、血液凝固しない劣性の遺伝子aもあり、劣性ホモ接合(aa)となった時に、止血できない病気である血友病を発症する。

血友病

ヒトの赤緑色覚異常

X染色体上に赤緑を識別できる遺伝子Aが存在し、識別できない劣性遺伝子aも存在する。劣性ホモ接合(aa)となった時に赤緑色覚異常を発症する。下の動画は色盲テスト。

ショウジョウバエの目の色

ショウジョウバエの目の遺伝子はX染色体上に存在し、赤色が優性、白色が劣勢である。

ショウジョウバエ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*